1

大切なペットの葬儀


1

近年、自宅で犬や猫などの小動物を飼う人はとても増えています。しかし長年の間、まるで家族のように自分の子供のように共に一緒に過ごしてきたペットが亡くなった時の悲しみは、とても耐えがたく一気に寂しさが襲ってきます。そして、もしこのような事態になった場合、いつまでもペットの遺体をそのまま自宅に置いておくわけにはいきません。早いうちに、どのように供養するのかと言うことを考えなくてはなりません。以前はペットが亡くなると、庭に埋めたり自分でお墓を作るなどしていました。現代も土地があればペットを土葬することは可能ですが、ペットも家族の一員であると考え、ペット葬を執り行い火葬するケースが増加しています。これは今まで自分達を癒してくれた動物に感謝の意を込めて、大切な命をきちんと弔い、人間と同じように葬儀を行い火葬し、霊園に安置すると言うものです。またペット葬と言う機会を設けることできちんとした区切りをつけることが出来るので、ペットとの別れにもしっかりと向き合うことが出来ます。ペットを供養すると言う気持ちや、これまでの思い出とともに送り出すことが出来れば、ペットも喜び人間も悔いのない別れをすることが出来るはずです。また業者に全ての工程をお任せすることで、家族はゆっくりとお別れの時間を持つことが出来るようになります。ペット葬では、人間の葬儀と同じように祭壇を設置することも可能です。一般的には、自宅から業者が遺体を引き取り、火葬をして弔います。個別火葬が主流ですが、希望があれば合同火葬も可能です。その際はペットが生前好きだった食べ物やおもちゃ・花なども一緒に入れることが出来ます。その後は骨を霊園に安置するので、しっかりとした供養が可能になります。近年はペットの死により、ペットロス症候群を発症する人も増加しています。ペットを亡くしたことによりショックを受け、精神的または身体的に障害を引き起こしてしまいます。このような事態にならないためにも、ペット火葬は必要であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です